ブログ

車体のオーバーホールとガラスの鎧の施工を行いました。

sdr

メカニックの徳平です。
本日はお客様の車体のオーバーホールとガラスの鎧の施工を行いました。

dav

dav

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

cof

cof

img_20161012_170938

sdr

sdr

cof

cof

cof

cof

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

sdr

常連さんがガラスの鎧が気になるといわれていたので施工する際にパーツを外すのでついでにオーバーホールもどうですか?
と、提案してみたところ買ってから4年くらい経つけれどワイヤーも替えていなかったから一緒にしてほしいと言っていただきました。

さて、毎度のことながら施工前の写真を撮り忘れていましたがある程度のパーツを外したところからですね。
ガラスの鎧を施工する前に洗浄するのですが今回はOHも同時に行うのでヘッド周りを先にバラシて掃除します。
さすがに4年の汚れが溜まっているのでなかなか。。。
下側のベアリングは巻き上げた砂やごみが溜まってすごいことに。OHで預かる前にハンドルを切ると音が鳴ると言われていたのはこれが原因の様ですね。
上下ベアリングの洗浄もおこないフレーム側も綺麗にしてしっかりグリスも塗り組み直します。

この後はフレーム全体の洗浄と脱脂を行い、その後ガラスの鎧の施工です。
もともとフレームは普段から掃除されていたのでこちらはお掃除そんなに必要ないくらい綺麗でした♪
クリア塗装してある上からガラスの鎧を施工した結果オーナー様に「買った時よりピカピカだ!」というお言葉を頂けました!
これで艶感もアップしますしなによりこれからの掃除がますます楽になります♪

表面が硬化するまで置いた後に自転車自体の組み直しです。
パーツ類の可動部分にもしっかりグリスを注しておきました。
他にも細かな所で滑らかに動くようにいろいろ手をかけています!

完成する少し前にちょうどオーナー様が来店されたので出来上がってすぐに確認のために乗っていただいたところ「67アルテだけど68アルテにも負けない変速感だ!」と喜んでいただけました。
あとはなるべく初期伸びが出ないようにしたつもりですがどうしても多少は伸びが出るので変速、ブレーキ等気になるときはすぐにお申し付けください。

当店では中古車買取販売だけでなくお客様とより楽しく自転車で遊べるように出来る限りのことをさせていただきます。

Pocket

関連記事

FaceBook

LINE@cycling

友だち追加数
ページ上部へ戻る